03-6822-6999

03 研究開発組織様向けSmartification

  • 課題①

    調査のエビデンスや
    評価の根拠を充実させたい

    農地のように広いエリアの情報を
    記録する手段は多くなく、調査員の
    地点観察に基づくレポートが主流。

  • 課題②

    ヒトによる調査では評価においてバラツキが生じる

    ヒトによる調査は、調査方法を規定していても調査する個人の経験やスキルによってバラツキが生じてしまう。

  • 課題③

    調査対象となる複数の農地調査に多くの時間と労力を要する

    試験調査区が多ければ多いほど、
    複数の調査員と多大な時間が必要。
    試験地が遠隔に存在する場合には
    現地へ赴くことも容易ではない。

スカイマティクスのアグリソリューションで
お客様の課題を解決

課題①解決

ドローンによる空撮画像で
農地全体の俯瞰的な視点で記録

上空からの視点で農地の状態をデータ化、記録を可能にします。農地毎に大量の画像データを効率的に管理できることに加え、画像のマッピングや時系列比較などの様々な画像閲覧機能をご利用いただけます。

課題②解決

調査業務をAIに置き換えて
定量的にデータを入手

これまでヒトの手によって調査していた業務を、AIを含む画像解析処理技術を活用することで、定量的にデータを入手することが可能になります。

課題③解決

ドローン空撮画像から全処理区の調査が可能

遠隔地の試験圃場であってもドローン撮影を現地担当や外部オペレーターを利用して撮影を行うことで、試験農地の状況を見える化。海外などの試験地の調査なども遠隔で行うことが可能となります。これまで複数の調査員と時間を掛けていた業務が省力化されます。