03-6822-6999

02 農産物の品質判定者様向けStandardization

  • 課題①

    担当者によるバラつきが生じ、
    判定基準が統一化されない

    農産物の検査や調達検討における
    品質判定に際しては、担当者の経験や
    スキルに依存することが多く
    明確で統一された判定基準が未確立。

  • 課題②

    「人」による作業や移動が伴い
    省力化ができない

    受入検査における目視確認や、
    調達品の目利きのための現地出張など、
    「人」による作業や工数が必ず発生し、
    「人」の介在が不可避。

  • 課題③

    特定個人への経験蓄積により
    ノウハウが組織知として継承されない

    判定に必要な専門知識が、特定の個人に属人的にしか蓄積されないため、組織知としての継承がなされず、持続可能なオペレーションが構築できない。

スカイマティクスのアグリソリューションで
お客様の課題を解決

課題①解決

客観的な判定基準を策定可能

画像処理解析を活用すれば、色味や形状をはじめとした 指標の “見える化” を実現できます。 最先端技術が担当者間の目利き基準のばらつきを平準化し、農産物の的確な価値付けをサポートします。

課題②解決

目利きに必要な工数や費用を圧倒的に削減

AIが目利きをサポートする事で、検査に掛かる工数や現地出張費を圧倒的に削減します。削減された作業時間を、より付加価値の高い業務にご活用いただけます。

課題③解決

経験と勘を価値あるノウハウとして蓄積

ネット環境さえあれば、いつでも判定結果を確認でき、コメントを組織内で共有する事で納得感のある事業判断が可能となります。情報を蓄積する事で、調達方針の見直しや取引先への的確なご支援、新入社員教育も可能となります。