03-6822-6999

01 集荷事業者様向けVisualization

  • 課題①

    取引先産地の情報を
    タイムリーに把握できない

    全国に点在する取引先産地の情報を
    網羅的、且つタイムリーに
    把握するためには時間と人手が必要。

  • 課題②

    産地の状況を
    共有することが難しい

    バイヤー自身は産地からの情報を元に
    産地の状況を把握できていたとしても、
    社内の関係者(販売部隊)や
    取引先(供給先)に産地の状況を
    共有することは容易ではない。

  • 課題③

    調達先を海外に切り替える
    判断材料が不十分

    販売先との供給契約を守るために、
    時には調達先を海外に切り替える
    判断が必要だが、判断をするための
    根拠となる情報が不十分。

スカイマティクスのアグリソリューションで
お客様の課題を解決

課題①解決

リアルな産地の情報を確認

取引先の産地情報を記録するための「産地レポート」機能では、指定した農地の作付情報に加え、生産者からの最新のコメントを確認することも可能。最新の産地の状況を把握することができます。

課題②解決

関係者(社内や顧客)と産地の情報を共有

口伝で産地の状況を伝えることは容易ではありません。画像と解析結果を共有することで作物の生育状況を可視化し、産地の状況を視覚的に伝達することを支援します。

課題③解決

複数の産地の状況を正しく把握
適切な判断をサポート

自社の取引先産地の情報だけでなく、他の主要産地における状況をも把握することを可能にします。