リモートセンシングで実現する

オーダーメイド型
農業DX

農業に携わる企業様の多種多様な課題に対し、
「画像処理解析」×「地理空間情報システム」による
独自技術とリモートセンシングを組み合わせ、
企業様ごとの農業DX実現を強力にご支援いたします。

資料請求はこちら

農業に関わるこのような方々におすすめのソリューションです

集荷事業者様

農産物の品質判定者様

研究開発組織様

プラットフォームを
活用した個別機能開発

アグリマネジメントクラウド「いろは」は、
農地情報の管理や各種解析機能を備えた、次世代型農業のためのプラットフォームです。


既にご提供している解析メニューをご活用いただける他、お客様のニーズに応じて、
オリジナルのカスタマイズメニューをご提案、個別に実装いたします。
プラットフォーム上にご希望の解析オプションを実装する事で、
専用アプリ開発費用を大きく削減、圧倒的に速い開発スピードで、
目指すべきオペレーション全体のDX化やスマートな営農管理が可能となります。

X社様向け

お客様の
個別ニーズに
応える
解析サービス

露地野菜向け
個別解析
サービス

水稲向け
葉色診断
サービス

農産物検査
自動化
サービス

アグリマネジメントクラウド
『 IROHA(いろは)』

『 IROHA(いろは)』とは、
農業を”経営する”すべての人のために生まれた
業界初のクラウド型農業経営管理サービスです。

資料請求はこちら

SkymatiX
ソリューションの強み

01

豊富な対応実績と
確かな技術力

全国の生産者様に導入をいただいている「いろは」で培った、実際の生産現場における数多くの対応実績と対応力。

02

圧倒的な開発スピードで
幅広いご要望にお応え

現場対応経験豊富な自社エンジニアによる社内開発ベースにより、タイムロスのない圧倒的な開発スピードを実現。

03

プラットフォーム活用で
開発費用を最小限に

「いろは」を技術基盤として利用し機能提供することで、ベースシステム開発をなくし、ニーズにフォーカスした必要最低限のコストを実現。

ユースケースイメージ

CASE 01

集荷事業者様向け

産地情報の把握

Visualization

ドローンで撮影した農地画像から、作物の収量等を自動で推定、定量情報として提供する画像解析AI技術

CASE 02

農産物の品質判定者様向け

評価基準の統一化

Standardization

農産物の品質判定や自主検査を自動化する画像解析AI技術

CASE 03

研究開発組織様向け

研究開発への活用に

Smartification

取得された農場の画像データや多岐に亘る試験データを集約管理するためのプラットフォーム

お客様の声

I Loveファーム日胆様

ブロッコリー
生育診断機能の開発

収穫適期の判断にかかる見回り作業を効率化できないかと、ドローン画像からブロッコリーの花蕾を抽出し、花蕾のサイズを計測する画像解析AIを開発。生産者様の課題から新たな解析機能が生まれています。

事例の詳細や、
その他事例については、
詳細資料にて
ご紹介しています。

資料請求はこちら