自治体農業DX
徹底応援キャンペーン

令和3年度の補正予算(3月)や
残予算の見込みある自治体様注目
通常より30-35%OFF
最新のDXシステムをご利用頂けます!

  • まずは気軽にタブレット型システムの導入をしたい方向け! 【いろはMapper Lite】タブレット型のいろはMapperを実証することが可能です。ドローンを利用せず、タブレットのみで簡単に現地調査の省力化が可能です。
  • ドローンを使った作付け調査による省力化を気軽に体感したい方向け! 【いろはMapper トライアル利用】50-100haに面積を絞っていろはMapperのトライアルが可能です。紙の地図による農地管理はもう不要です!
  • 本格的な実証をしたい方向け! 【いろはMapper 本格利用実証】予算に応じた対象面積で本格的ないろはMapperの実証が可能です。500ha/日の撮影が可能な固定翼ドローンの利用も可能です。

導入済・導入検討中の
都道府県

全国で続々と「いろはMapper」を
導入する自治体が増えています。

ユーザーマップイメージ

お客様の声

遠野市 農林課 馬場貴之様 遠野市 農林課 馬場 貴之様

遠野市では毎年経営所得安定対策・中山間直接支払に掛かる現地調査を実施しています。毎年7月から9月にかけて実施する同調査は、1,000haの農地を対象に、炎天下の中、2週間かけて1日当たり15名弱の人手を要する、大変な作業になっています。(主に水稲・牧草・大豆)

いろはMapperのお陰で事前準備の手間が解消された上、現地に赴かずともPCの画像上で作付が確認可能になったため、凡そ7割の時間削減ができました。

人口減少に伴い、農業が盛んな地方の自治体ほど担当する職員数は削減されています。いろはMapperの様な行政のデジタル化による省力化・効率化に貢献する技術が遠野市を皮切りに岩手県内、東北地方、そして全国の自治体に広がっていってほしいと思っています。

お電話・メールでも
受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください!